基本構造(アクア)

~アクアフォーム~

<吹き抜け断熱の最高峰>

住宅の断熱性は、居住性や経済性の向上にとても大きな役割を果たしています。

熱が移動しないよう遮断するのが断熱材。例えば冷蔵庫にも使われていますが、

扉がひらいたままでは冷気が逃げてしまい、断熱性能を発揮できません。

住まいにおいても、高い気密性と断熱性を兼ね備えてこそ、真の高断熱住宅と言えるのです。

 

アクアフォームの気密性.断熱性がもたらす「住まいのメリット」は?

□快適で健康的な室内環境

□低燃費でランニングコストが少ない

□人にも住まいにも優しくて長持ち

 

 

現場で吹き付けて発砲施工するので、気密性も万全

◇屋根◇

アクアフォームは、独立気泡構造の硬質ウレタンという高い断熱性を備えた素材。

これを現場で吹き付け発砲して構造材に密着させます。

隙間の無い施工で気密性を確保するので、高い断熱性能を最大限に引き出すことができます。

◇壁◇

 

◇基礎◇

 

屋根.壁.床.基礎に施工が可能

アクアフォームは自己接着力が高く、構造材の材料はもちろんのこと、コンクリートにもしっかり密着します。

吹き付け発砲で細部への施工も自由自在です。

建物仕様やプランに柔軟に対応します。

※基礎の吹付発砲は、外断熱の場合です※

 

吹付け施工だから、
隙間なく高断熱

 

検証 1

エアコンを使用せず室内表面温度を測定。

◎夏の小屋裏
屋根からの熱から室内を守り今まで暑かった2階も快適に過ごせるようになります。

検証 2

エアコンを25℃設定で15時間作動させ、停止後の表面温度を測定

◎冬のキッチン
しっかりと断熱すると、暖房も効率良く効きます。早朝のキッチンも寒くありません。

◎冬の浴室
肌を露出する脱衣所で血圧が上がり、浴室に入ると一気に下がるため体の負担がかかり突然死の要因となります。
こうしたヒートショック対策に。

アクア吹き付けの手順

01現場に到着
必要な機材を積み込みお伺いします。
02養生作業
養生テープを貼ります。
03吹付け作業
各部隙間なく吹付けます。
04厚さチェック
ゲージにて厚みを計測します。

施工後、一定の品質基準に達しているかどうか
チェックを行います